開湯 元和4年(1618年)
Start




今となっては懐かしい過去の湯口。この湯口ファンも多かったはずでしょう。


駒の湯温泉は2008/6の岩手宮城内陸地震後、多くの困難を乗り越えて2015秋に湯小屋を復活再建させ今に至っています。このページでは、再建後の歩みにつきアーカイブ記録として紹介していきます。

なお、サイト管理者が遠隔地在住のため、日々の細かな変化まで記録更新することは出来ませんが何とぞご理解下さい。また、記録は日時が新しいほど上部になっています。初めての方はページ最下部からご覧いただくことをお勧めいたします。

【2018/3】

応援団の人たちがそれぞれ駒の湯入りし、それぞれの作業をお手伝いしてくださいました。ここでは湯小屋開けに向けての第一歩となる「ルート開削(除雪)作業」を紹介いたします。



この冬は2月に駒の湯近隣に設置されているアメダス観測機が165cmの最大積雪深(過去最大値)を観測するなど、雪の量は多かったのですがいっぽうで春の雪解けは順調に進みました。しかし湯小屋周辺は地形的にも「積もりやすく溶けにくい」場所であり、この3月下旬でも場所によっては1m近くの残雪状況でした。



まずは除雪機で「1本の道」を作ります。そのあと両側の雪を崩して少しずつ道幅を広げ、再び除雪機で雪を飛ばします。単純作業ですがそこそこ重労働。しかも数百mもの距離ですから、ヘルパーさんは多ければ多いほど助かります。



低いアングルから撮影するといっぱしの雪の壁に見えますね(笑)。



湯小屋前は広く除雪します。駒の湯復活応援団の女性がお手伝い中です。

今年(2018)の営業開始は4/20を予定しています。約半年の眠りから覚める駒の湯の温泉は今年で開湯400年。どうぞ皆さまにお越しいただき、じっくりとお湯を楽しんでいただければと存じます。

【2017/5-2017/8】

「駒の湯復活応援団」の手により、食堂&休憩棟の東側に通称「おしんこどんガーデン」(名前を知る人にはバレバレですね)の造園が開始されました。とはいえ最終的にどんなガーデンが出来るかは誰もわかりません。というか、応援団の方々(または団員以外の有志の方)が「どんどんそれぞれの思いのままに広げていく」という、いわば「設計図のないガーデニング作業」なのです。



GWには一からの開墾作業&植え付けでしたが‥



8月にはぐっと拡大&ネーム入りロックガーデンとなりました。今後さらに拡大するでしょう。

【2016/8】

8/8に食堂の営業許可が下り、お盆直前の8/11より食堂(そばカフェ)と休憩室の営業を開始しました!小さな食堂なので大人数グループには対処できませんが、是非ご利用下さい。




(食堂内部です。レイアウトは今後変わるかも知れません)。


(手前側が写っていませんが、3組10-12名の休憩に対応しています)。

【2016/6記】

2015/10の営業再開前後には新聞等で大きく取り上げていただきましたが、2016シーズンにおいては、現在週末を含め比較的ゆっくりと入浴していただける状況です(少なくとも平日は貸し切り入浴の可能性が高いです。うまくタイミングが合えば土日だって!@運ですが)。お盆等のハイシーズンはそうもいかないかも知れませんが、「混んでいるかも」との先入観はとりあえず横に置いていただき、
「まずはお越し下さいませ」。たぶん大丈夫だと思います。



(2016/6上旬撮影)

【駒の湯の温泉】 【営業について】 【アクセス】 【BLOG 温泉日誌】 【BLOG 森の温泉】 【Facebook】 【駒の湯復活応援団】 【駒の湯400年の歴史】 【トップページ】
駒の湯温泉 090(8781)9685 or 0228(46)2110 〒989-5371 宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東88