皆様の思いに感謝です

2019年07月04日

DSCF3846

今日は天気が良くなったのに静かで、掃除をしながらお客さん待ちでした。
最近、岩ケ崎の六日町商店街が元気で、行ってみたいなあと思いつつ…
チラシを入り口に張ったけど、誰も来ないと、気分も暗く…

20190704124421

そんな気分が吹き飛んだのは一関からのご夫妻が来てくださって、
ゆっくりしてくださり、その後の気仙沼からお客さんとの会話でした。
何気ない会話ですが、お心遣いが伝わってきて、うれしかったです。
そんな出会いが本当に今年は多く、有り難いです。

DSCF3765

いつも何かと助けてくれる人が缶バッチを作ってくれました。
400年誌の資金集めに使いたいなあ…と、思いつつも…
買ってくれる人がいるかなあ…いろんなことがあると自信がなくなる…
DSC_3069

自分の至らなさにこころが凍り付いて…そのたびに病気になってきたけれど、
誰かが助けてくれるものの、いつの間にかその人たちもいなくなる…
自分はそんな風になりたくなくて、ここに来たけれど、勝手な思いで、
本当は、駒の湯のためになってないのではと思う事も多い…
何かするたびに壁にぶつかり、うまくいっていたと思っていたことがダメになる…
自分のせいだと思わない方がいい、と言ってくれる人もいるけれど…

でも、何を言うわけでもなく、何か思いがあって来てくれるのが分かる方が多い…
そんなことばかり書いていると、重いって言われるけど、でも感謝を伝えたい…
そして、今日も被害の出ている被災地の人に、希望を持ってもらいたい…

ひどいことが次々起こって、こころが折れても、誰かには心は伝わる、大丈夫…
直後はだめだと思って、8年もかかってもこの程度…最初はいろいろ言われた…
でも、11年目にやっと、少し、一息つけるようになった…
さすがに、忘れられてしまったと思ったし、取材も慰霊祭だけだけど…
いつか、ぬるくてもいい温泉とおいしい湯守仕込みの蕎麦が評判になって欲しい…

DSCF3770

力不足の自分が支援で来たことが、いつか、何かになることを願えるならば…
駒の湯が頑張っていることで、元気になる人がいてくださればうれしい…

DSC_3070

自分たちではできなかった、栗原市のマスコット入りの缶バッチ…
本当に涙が出てくる…いろんな人に助けられているんだと感じることが
本当のちからになっていく…これからもよろしくお願いします。

開湯400年 宮城栗駒 日帰り処 駒の湯温泉
Copyright(c) 2019 dreams company corporation All Rights Reserved.