植樹で豊かな生態系へ…

2020年09月25日

駒の湯温泉はもともとは「桃源郷」と呼ばれる山の森の中にありました。
赤い屋根の頃坂の途中
地震による土石流であっという間に堆積土砂でいっぱいになってしまいました。
栗原中央病院&駒の湯現場 044

森林も先代の大事にしていた庭もなくなり…
P1370406

河川の工事のために、大切な思い出の場所は工事現場に…
P1170111
河川敷と、工事現場と化し、しばらく被災地として見られていました。
工事後の写真
そこに、「栗駒絆の森プロジェクト」という活動を始め、
被災地だった工事跡地の荒れ地に苗木を植え始めました。
20守る会会報記事

何もしない人に限って、言いたいことを、
最後には「こんなところに…」とまで言われました。
P1430144
黙って、ひたすらに作業を続けてくれる自然を守る会の先輩たちがいます。
P1430168
東京から仕事でもないのに、奔走してくれるNPOの人がいます。
P1380924

手伝ってという言葉に応じてくれる人、明石から、相馬から、石巻から
いろいろなところから手伝いに来てくれる人たちがいます。
DSCF0406
DSCF0408
DSCF0409

「一人でも植えたい」と言った湯守に賛同した人、
緑化が「温暖化の抑制」「体積土砂をダムに流さない」「被災地の再生」
いろいろないい方、考え方があるにせよ、実際、身体を動かし、
一緒に活動をしてくれた人たちがいて、少しずつ変わってきました。

20200827カラマツ伐採

血のつながりもない、仕事とは関係のない人が中心となり、
仕事で関係する人たちもただそれだけでなく、活動してくれるようになり、
湯守ができない時も関わってきてくれてここまで来ました。
DSCF0654

皆さんのおかげで少しずつ、少しずつ変わってきています。
DSCF0604
生き物が増えています。うれしいですね。

開湯400年 宮城栗駒 日帰り処 駒の湯温泉
Copyright(c) 2020 dreams company corporation All Rights Reserved.