開湯 元和4年(1618年)
Start




「【予告】2018年秋、駒の湯400年の歴史をまとめた記録誌を発刊予定です。現在各方面にて準備中、ご期待下さいませ。」



昭和30年代初期の駒の湯温泉です。なお画像にマウスオーバーするとカラー画像に変わります。
(カラー画像についてはこちらの変換機能を利用しています)。

 駒の湯は2018年で開湯400年となる長い歴史を誇る温泉です。2008年の岩手・宮城内陸地震では温泉旅館だけでなく利用していた源泉までも埋もれてしまいましたが、昔湯の華取りに使っていたものの長く涸れていた源泉が地震後しばらくして再び湧き出し、現在はその源泉を利用して日帰り入浴を再開しています。

 以前より駒の湯温泉を菅原家で引き継ぐ前の長い歴史について調査してきました。しかし内陸地震の土石流によって資料が埋もれ、再建などに時間を費やしている間に証言してくれる人が減ってきています。その中でも、はっきりしていることを書き示すことで次世代にこの歴史を引き継いでいきたいと考えています。

 一温泉宿としてだけでなく、戦後栗駒耕英地区の中核として存在してきた駒の湯。このページでは、そんな駒の湯の歴史をタイムラインでひもといていきたいと思います。






 栗駒山には古くから修験道や信仰登山に人々が入山してきたと言われています。その関係かはわかりませんが、1617年に鶯沢の小野寺氏によって駒の湯の源泉が発見されました。1808年の火災などで、翌年開湯してからの資料はほとんど残っていません。少なくとも明治期には営業を再開し、後に沼倉屋、文字屋という2つの旅館があったことがわかっています。






 戦前のこの辺りには駒の湯しかなく、ここに泊まらなくては山頂に行けない登山口の温泉宿でした。里に前宿があったようで、はらみ坂を上り駒の湯温泉にたどり着き、次の目的地に行くための宿でもありました。

昭和11年、「文字屋」の主人であった菅原兵三郎は、現在に続く「駒の湯温泉」の経営をはじめました。文字村長を務め、「事業家だった」と評される彼はそれ以来登山口の温泉宿を守ってきました。その一人息子である兵市は県職員で満州に夢を抱いた人でした。彼は耕野村(現丸森町)の第二次開拓団長として渡満・入植したものの敗戦に伴う引き揚げの途中で帰らぬ人となりました。当時兵三郎は学問優秀と評判だった高橋孝を駒の湯に置いていました。

 兵市亡きあと孝は菅原家に婿入りし、駒の湯の跡取りとして働きはじめます。そのころ兵市の遺影に参ってくれた元耕野村長の八島考二氏が満州からの引揚者の話をしたことをきっかけにして、兵三郎は駒の湯付近を開拓地とすることを決めました。家が建つまでの3年間、30人ほどが駒の湯で共同生活をしていました。駒の湯がある耕英地区の名前も、引揚者の多くが宮城県丸森町耕野の出身だったことに由来します。











 戦後の駒の湯は孝を中心に家族で経営してきました。豊富な湯量に支えられた一帯は駒の湯温泉温泉郷と呼ばれるほどでした。今でも市道は「馬場駒の湯線」と呼ばれ、被災前までのバスの終着点も駒の湯温泉であるなど、駒の湯は一つの宿の呼び名を超えて地点の名称として呼ばれてきました。

 駒の湯温泉には細倉鉱山の山荘、町営の山小屋、栗鉄山の家などがあり、学校登山の受け入れもしていました。時代の流れで一軒宿となってからも、家族と親戚、親戚筋の住み込み従業員で40人程度の温泉宿を切り盛りしてきました。










 2008年6月14日8時43分。下から突き上げる揺れによって駒の湯向かいで地滑りが発生、深さ30mあった裏沢(三迫川)をふさぎました。岩手・宮城内陸地震です。同時に上流でも斜面崩壊が起きました。崩れた部分は残雪を含んでいたと考えられ、大量の土石流となって沢を下りました。約7分後、上流からの土石流は駒の湯向かいで崩れていた土砂に行く手を阻まれ、温泉宿をのみ込みました。土石流は5人の従業員と2人の宿泊客の命を奪いました。4〜8メートルの堆積土砂が今もとどまっています。

  孝は荷物の搬入をしようと外にいたところを土石流にのみ込まれました。岩に押し上げられた時に奇跡的に顔が出て、ムツゴロウのように泥の海を泳ぎました。体力には自信がありました。這い出てうずくまっていたのを見つけられ、集落の人が集まっていたハイルザーム栗駒へ連れて行ってもらいました。

 孝の次男で現湯守の菅原昭夫も事務室で地震に遭いました。地震後に建物の中を片付けていると「向かいの崖が崩れた」という知らせをお客さんから受けました。外に飛び出すと盛り上がった土石流の先端が見えます。

 「逃げろ」と叫びながら、建物内なら助かると信じて一階奥の洗濯室に飛び込みました。しかしその建物は回転しながら押し流され、その途中、目の前にいた母が土砂にのみ込まれました。どうすることもできないまま、気がつくと壁と洗濯機に挟まれて足と肋骨が折れていました。

 持っていた懐中電灯と破損箇所からの光を頼りに、建材を折って足場にしながら外に出ました。外は一面泥の海でした。屋根伝いに窓から2階に入ると従業員の部屋で、携帯電話が置いてありました。電話は通じず、娘さんにメールをしました。

(このあと来たヘリに手を振って助けを求めたことから2階で助かったことになり、遺品になるだろうと従業員の荷物や自分の着替えを持ち出したことが「地震直後に荷造りに行った」と誤解されて報道されました。その新聞記事がきっかけで責められることもあります。)













 土石流は7人の尊い命を奪い、源泉、温泉旅館、自宅を埋めてしまいました。翌年、亡くなった菅原チカ子(孝の妻、昭夫の母)の誕生日に行方不明だった方が見つかりました。それまでは何も手につかず、三回忌に合わせて慰霊碑を建立しました。

 しかしその一方で新たな希望の光も灯されました。被災前に利用していた源泉は全て土石流に埋まってしまいましたが、昔、湯の華取りに使っていた源泉が地震後に再び湧き出したのです。湯温は低めでしたが、わたしたちにとってはまさに「希望の湯」だったのです。

 2012年、河川工事のため立入禁止の中、くりこま高原温泉郷協議会が作ってくださった足湯用浴槽で足湯(当時は無料、現在は休止しています)を始めました。現在はその近くに湧出する別源泉を湯小屋浴槽に引き込んでいますが、およそ38度のぬる湯です。でもこの湯のおかげで駒の湯の歴史を引き継ぐことが出来ました。

 やっとのことで自宅を再建し山に帰ることが出来たものの、家族が開腹手術をし、先行きが見えない日々でした。さらに東日本大震災の影響や毎年のような秋の大雨で河川工事も遅れました。

 しかし工事が終えたときには担当された職員さんたちの支援を受けて植樹プロジェクトができるなど、少しずつ応援してくださる人が増えました。そのことで前向きな気持ちになって日帰り温泉を再建する決心をしました。資金面や手続き上の困難でなかなか進まなかったものの、元のお客さん、幼馴染の棟梁やなじみの設備屋さんに手伝ってもらい、2015年10月やっとのことで日帰り温泉を再開できました。

 その後家族がクモ膜下出血で倒れ、身体への負担を減らそうと現在の食堂棟を建てることにしました。もともとトイレの設置に多額の費用がかかるため仮設で運営していましたが、栗原市の助成や元のお客さんなどの寄付、「集結」をはじめとするボランティアの応援でトイレを設置できました。せっかくなので休憩室付きの食事処を作ろうと2016年5月に動き始めました。手続きには時間がかかり、保健所の許可を待って8月11日からそばカフェの営業が始まりました。

 そばカフェでは北海道産のそば粉で湯守自ら仕込んだ十割そばと温かいキノコそば(寒期)をお出ししています。修行には行けませんでしたが、機械を導入した山形の会社で研修させていただきました。今も工夫をしながら日々精進の気持ちで「おいしい」と言ってもらえるそばを作り続けています。十割そばですが機械打ちのためかつるつるした触感です。打ち粉も使っておらず小麦粉アレルギーのお子さんも安心して食べられます。そば粉だけのそば湯も楽しめます。是非、一度ご賞味ください。
















 今は被災現場の緑化活動を行い、未来の子どもたちに森と水を残そうとがんばっています。再建した400年のお湯を次世代につなごうと、ボランティアに来ていただき、応援団も結成されました。思うように進まないときもありますが、それでも、皆さんのおかげでがんばっています。

 最後に、被災現場や崖崩れの跡は遺族にとって大切な場所でありつらい傷跡です。現場の写真を撮られることを止めることはできませんが、お立ち寄りくだされば当時の事をお話しできますし、『山が動いた』やブログなどでも当時の様子を知ることができます。ここで大事な人を亡くした遺族の心持ちに寄り添っていただきたいと思っています。

<参考資料>

栗原郡誌. 築館町(宮城県), 栗原郡教育会, 1918, p.288. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953187, (参照2017-10-25).
大槻好. “変遷史”, ”変遷年譜”. 風雪とともに. 栗駒小学校耕英分校父兄教師会, 1985, pp.4-36.
菅原孝. “耕英開拓誕生記”. 風雪とともに. 栗駒小学校耕英分校父兄教師会, 1985, pp.37-45.
地理調査部. 平成 20 年(2008 年)岩手・宮城内陸地震に対する地理調査部の取り組み. 国土地理院時報. 2008年, No117, p.56.
http://www.gsi.go.jp/common/000048776.pdf, (参照2017-10-25).
(社)地盤工学会 2008年岩手・宮城内陸地震災害調査委員会. 平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震災害調査報告書. 委員会報告書. 2010年, pp.93-113.
https://www.jiban.or.jp/file/organi/bu/chousabu/2008iwatemiyagi/all.pdf, (参照2017-10-25).

<引用画像>

被災時の写真については手元にあるものが限られているため以下より引用しました。

(社)地盤工学会 (a) 平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震災害調査報告書
時事通信社 (b) https://www.jiji.com/jc/d2?p=ime00101-6314144&d=004soc, (参照2017-11-06)
時事通信社(c) https://www.jiji.com/jc/d2?p=ime00101-6309552&d=004soc, (参照2017-11-03)

その他にも多くの皆様から昔の様子の写真をご提供いただいております。ありがとうございました。

© 2017 駒の湯温泉
栗川開 編

(2018年6月12日最終更新)

「【予告】2018年秋、駒の湯400年の歴史をまとめた記録誌を発刊予定です。現在各方面にて準備中、ご期待下さいませ。」
【駒の湯の温泉】 【営業について】 【アクセス】 【BLOG 温泉日誌】 【BLOG 森の温泉】 【Facebook】 【駒の湯400年の歴史】 【湯小屋 過去の記録】 【トップページ】
駒の湯温泉 090(8781)9685 or 0228(46)2110 〒989-5371 宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東88